シンセンスクエアトップ » ニュース » 医療・健康
医療・健康 :[深]食用蛇肉からステロイド
投稿者: webcrew_01 投稿日時: 2010-9-9 11:11:49 (11167 ヒット)
昨日9月8日、深セン疾病預防控制中心はレストランでステロイド入りの蛇肉を食べた人々13人が食中毒にかかる事件が2度発生したと発表した。

9月1日と9月2日に食中毒になった患者は病院で回復しており、疾病預防控制中心は詳細については触れず、この食中毒を起こした福田区のレストラン(店名は未確認)は検疫証明書なしで蛇肉を販売しているとして処罰したと伝えている。

疾病預防控制中心はステロイドを使用した蛇肉は中国で初めて確認されたものであると話している。

中国では豚などに与えられることで広く知られている家畜等の飼料への添加物を禁じている。

ステロイドが含まれた食肉を食べると心臓血管と神経系に影響が出る。またこうした食中毒の症状として筋肉の痙攣や嘔吐、それとドキドキするといった不整脈が起こる。

深セン疾病預防控制中心のZhang Jingzhou医師は、「ステロイドの毒性はそれほど高くないが時間内に処置しなければ、重大な病状になる。食事をした後、おかしいと感じたら、すぐに医師の診察を受けることが非常に重要である。」と話している。

中国では2001年からステロイドによる食中毒事件が10件起こっている。その大部分が豚肉によるものであり、2002年に豚肉販売が急落し、パニックを引き起こした。


(シンセンスクエア)
 
最新ニュース

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ