シンセンスクエアトップ » ニュース » 法律・ビザ
法律・ビザ :[深]厳しい交通取締りにより違反者激減
投稿者: webcrew_01 投稿日時: 2010-8-12 8:00:00 (3839 ヒット)
深セン市交通警察によると、8月1日に導入された新罰則規定により、交通違反者が昨年の同時期に比べ過去数週間でおよそ40%減少したと深セン日報が伝えている。

交通警察は45%減少となる先週合計3万3,688件の車両違反を検挙した。

昨日南方都市報が伝えたところによれば、スピード違反は昨年の同時期の98%も下落しているという。

警察は先週42件の過積載トラックを逮捕し、53%の減少となったと発表した。

スピード違反や過積載トラックは交通死亡事故の主な原因となっている。新規則ではスピード違反や過積載で逮捕されたトラック所有者や運転手の雇用主にも重い罰金を課すものとなっている。

新規則を実施した日に潜在的違反者への抑止力として過積載のトラック運転手に3万5,000元の罰金を課したことが新聞で報道された。

また、ナンバーが見えないよう細工したり、偽造したナンバープレートの違反件数は83件の検挙率がありこれは年度ごとの比較において50%減となっている。

すでに3名の運転手が8月1日にナンバープレートを隠す細工をしていたためにそれぞれ5万元の罰金と15日間の免許停止となっている。

警察は次のキャンペーン期間には駐車違反を集中的に検挙すると話している。

また酷く混雑した地区では交通警察が違法駐車の運転手に罰金を課すとし、あまり混雑していない場所では、すぐに車両を移動するよう指示警告される。

当局は違法駐車に対処するために合計30箇所の監視点を開く計画をしており、10箇所がすでに稼動中で、残りについても8月中旬には稼動することが予想される。




(シンセンスクエア)
 
過去の関連記事

最新ニュース

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ