シンセンスクエアトップ » ニュース » 環境・天気
環境・天気 :[深]大量赤潮発生で大梅沙ビーチ閉鎖
投稿者: webcrew_01 投稿日時: 2010-8-4 8:00:00 (4080 ヒット)
先週金曜日、プランクトンによる赤潮の発生により大梅沙ビーチを一時的に閉鎖した。現在ビーチは閉鎖されたままとなっていると深セン日報が伝えている。

有毒な藻類の大量発生による今回の赤潮は、塩田港、大梅沙、小梅沙などの海域15平方キロにおよび、今年深セン沿岸部で見られた最大のものとなったと南方都市報が伝えている。

同紙は藻により赤く変わった水の色は、月曜日には更に濃くなっていると伝えている。

専門家によると、赤潮は毒性はないが、海で泳いでいる人にアレルギー反応を引き起こす恐れがあると話している。

更に、赤潮は水中の酸素を大量に奪い、魚が大量死するといった報告も月曜日まで報告されていないという。海事当局は水質を厳重に監視する体制をとっているという。

また海浜管理局はビーチの一時閉鎖以外にも、訪れた人が海で泳ぐことを防止する赤色の危険信号を設置するという。

海洋当局の海洋学者であるZhou氏によると、赤潮が見えなくなってもまだ予断を許さず、海中の栄養分がプランクトンによって消費されつくせば、一般的に赤潮はなくなるだろうと話している。

Zhou氏によれば、ここ最近の大雨と暑さが続く天候が赤潮の発生に貢献しているという。

2007年6月におよそ50平方キロを覆う赤潮が深セン湾に発生し、影響を受けている。

この種の大量赤潮は、通常農業用に使用される人工肥料によって引き起こされ、通常よりも極めて緊密化して微細藻類が形成されることで発生する。


(シンセンスクエア)
 
過去の関連記事

最新ニュース

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ