シンセンスクエアトップ » ニュース » 交通機関
交通機関 :[深]交通違反者には、より重い罰金
投稿者: webcrew_01 投稿日時: 2010-7-19 8:00:00 (3504 ヒット)
8月に効力を発する新しい交通法規は特にナンバープレートなしで、あるいは偽造ナンバープレートやコピーといったナンバープレートで運転するドライバーや事故現場から逃げたものに対して重い罰金を課すことになると深セン日報が伝えている。

コピー品や偽造ナンバープレートを使用したドライバーは現在の1,500元から5万元の罰金を課せられ、同時に車両を押収される。

警察が発行するナンバープレートや臨時ナンバープレートなしで運転する者には1万元の罰金と6ヶ月間の免許停止であると深セン交通警察が先週木曜日に発表した。

事故現場から逃げた者には2,000元から1万元の罰金を課せられ、以前の3ヶ月から6ヶ月の免許停止となる。

罰則から逃れるためにナンバープレートを覆った者には6,000元の罰金を課せられ、一年以内に同様の違反を再び犯した場合、更に1万元に増加すると深セン市の交通警察幹部のLiu Fengjun氏は話している。

新しい法規は段階的な構造を採用しており、例えば赤信号を無視した者は1年以内に3度目の違反を行った場合、罰金は倍の1,000元にまでになる。さらに通知を受け取った後、7労働日以内に罰金を支払った者は罰金額が半額になるが、これは年に5回以上法を破った者には適用されない。

酒酔い運転者は3,000元の罰金を課せられ、6ヶ月の免許停止の上、15日間の拘留を余儀なくなれる。

また制限速度の2倍未満で運転したドライバーについては2,000元の罰金となり、2倍もしくはそれ以上の場合、3,000元の罰金を課せられ、また免許取り消しとなる。

更に法規はトラック運転者による違反者に重い罰を課すことになる。もし法的制限の2倍となる過積載のトラック運転者には5,000元の罰金が課され、同時に雇い主にも2万元の罰金が課せられる。

新しい法規では免許停止となっているドライバーは地域のボランティア活動に申込みができるという。これは1時間の奉仕活動が免許停止期間に充当されるからであり、更には自発的に交通安全教育を受け入れた場合、交通違反に違反する歩行者に対しても罰則からの免除があるかもしれないという。


(シンセンスクエア)
 
過去の関連記事

最新ニュース

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ