シンセンスクエアトップ » ニュース » 法律・ビザ
法律・ビザ :[深]ネットショッピングの個人情報保護
投稿者: webcrew_01 投稿日時: 2010-7-7 8:00:00 (3223 ヒット)
先週木曜日に実施された規則によると、中国のネットショップのオーナーは、ネット取引を開始する前に電子商取引業者へ名前や住所を含む個人情報を提出しなければならなくなると深セン日報が伝えている。

広東省工商管理局によると、国内ではそうした規定の最初となるこの規則は、ネットショップオーナーと電子商取引業者の義務を詳細にしている。

規則を守らないネットビジネスオーナーには、最大3万元の罰金を課すことができる。

管理局はこの動きが取引での振る舞いを規制し、消費者の権利と利益を保護することを意図していると話した。

中国のインターネットネットワーク情報センターからのデータは昨年の6月の時点で国内の8,788万人にあたる年38.9%増のネット購入者の数を示している。

今年の前半のネットショッピングの取引額は1,195億元に達している。

また木曜日に実施された不法行為法は心理的な損害に対して補償をすることを認めている。

またそれは権限のない個人情報流出の責任を課すことによって個人のプライバシーのより良い保護を強制している。


(シンセンスクエア)
 
最新ニュース

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ