シンセンスクエアトップ » ニュース » 医療・健康
医療・健康 :[深]1万1,711件の手足口病が発生
投稿者: webcrew_01 投稿日時: 2010-6-23 8:00:00 (3603 ヒット)
先週金曜日6月18日、深セン衛生局は深センが今年6月13日までに1万1,711件の手足口病患者を報告し、昨年の同時期に比べ192%増となっていると明らかにした。

このうち40名の児童が重体となり、深セン児童医院に入院していた。一方3歳未満の子供の患者3名が死亡したと、深セン衛生委員会の医療管理科主任であるLiu Dongyuanは話した。

市の衛生当局は今年の手足口病の激増の理由については述べなかったが、広東省で似た状況となっていると話した。症例数では広州や東莞の次に手足口病の症例数が多く、3位となっており、その羅漢率は10万人中131.43と省内で6番位にランクされている。

およそ94%が5歳以下の幼児で、60%が男児に多くなっているとLiu氏は言った。

殆どの子供たちが出稼ぎ労働者の家族である。53%以上が龍崗区となっており、宝安区、羅湖区と続く。

また数人の大人が病気に感染していたことがわかったが、重態の者はいなかった。

「これらはすべて個別に起こった症例であり、いくつかの幼稚園では小規模な集団発生が起こったが、大規模感染には至っておらず、保護者は心配の必要はありません。」とLiu氏は話している。

医療専門家は7月に別のピークがクルと予想したため、保護者や幼稚園、小中学校は予防対策を講ずるべきである。1週間の間に2名かそれ以上の感染症例を見たクラスでは10日間の休校を行うべきであるとLiu氏は話している。


(シンセンスクエア)
 
過去の関連記事

最新ニュース

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ