シンセンスクエアトップ » ニュース » コミュニティ
コミュニティ :[広]結婚すると在住許可を取り消し
投稿者: webcrew_01 投稿日時: 2010-5-26 8:00:00 (3572 ヒット)
最近、人的資源市場中心が発行したグループ在住許可証で広州に登録した多くの人々が結婚をすることに気が重い。なぜなら、結婚により在住許可証がなくなってしまうためだと広東ニュースが伝えている。

古代にまで遡る中国の在住許可証もしくは戸籍のシステムが、ここ数年で人々がより移動するのに応じてますます厄介になっている。戸籍は通常家族単位で発行され、全ての家族の出生、死亡、結婚、住所が記載されている。

仕事のために広州のような都市へ移ってきている独身者の場合、市内に家を所有しておらず、雇い主は通常彼らにグループ在住許可証を与えている。ただ一つの住所(通常雇い主の管理事務所)にある一つの戸籍に従業員を入れている。

また広州では、地元自治体の職業紹介所の住所で戸籍を登録できるようになっている。この職業紹介所では結婚している労働者はグループ在住許可証を手に入れることができない。したがって、グループ在住許可証を持っている人が広州で結婚して残りたいと思うなら、戸籍の住所登録ができるよう、最初に市内に家を所有しなければならない。

こうして多くの若者が結婚しないことを選択する。最近、ネット上の電子掲示板にPSYGというユーザー名の人がこの問題に大して問題提起の投稿をのせた。彼は結婚について考え、隣接地でありより物価が安い都市である佛山に家を購入したという。しかし佛山に移るとすれば、彼の広州在住許可証をなくすことになることがわかったという。

彼は“再三問題を考えたが、やはり結婚するのをやめた”と書き込んだ。

結婚するのに広州でグループ在住許可証をもつ人々は法に明るくなく、在住許可証を管理する事務所の職員はこれを許していては更に多くの問題を引き起こすことになると話している。そうした問題の中でも、戸籍は家庭と家族単位ごとに管理されているので、一人っ子政策の実施を妨げることになるともいう。

「一人っ子政策が守られているかを確認するために、グループ在住許可証(職業紹介所で発行される)で登録されたその後についてはわかりにくいものです。」と南部人的資源の人材職員であるLiu Junさんは話した。

専門家はこの広州の方針がフレキシブルな才能の集積場所が形成されるのを妨げるものになると考える者もいる。「一方で私たちは才能が自由であるよう奨励している。」と広東省青年幹部学院の教授であるTan Jianguang氏は話している。

この政府方針は3,000元から5,000元で、職業紹介所において友人や親類などの間でのグループ在住許可証を発行してもらうという市場を作り出すことに繋がっている。

(広州スクエア)
 
最新ニュース

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ