シンセンスクエアトップ »
biz華南 » 香港FA木津英隆のマネーは巡る
第31回グローバル時代の財産三分法
投稿者: Webcrew_01 掲載日: 2010-5-31(2810ヒット)

本日は資産運用の基本コンセプトの一つである「財産三分法」について、お話させて頂きます。

平安時代以前の日本は「土地」が財産の柱でしたが、鎌倉時代以降、武士、商人の間に貨幣経済が行き渡り始め、財産の多様化が見られるようになりました。近世に至り、商人の間で、政変、自然災害など様々な環境の変化に対応して、財産を守る手段として、「財産三分法」という考え方が生まれました。これは、財産を「お金(貨幣)」「商品」そして「不動産」の3つに分けて保有することを意味します。現代における財産三分法は、現金的な性格を持った「預貯金」、運用益を期待する「株式など証券投資」そして「不動産」で、構成するというものです。

そしてグローバル時代に入った21世紀における財産三分法は「通貨の分散」も考慮に入れておく必要があります。5~10年後の長期的な為替レートを予測することは難しく、円高と円安、両方の可能性があります。また、円に対する新興国や資源国の為替変動も考慮に入れておく必要があります。

将来の為替変動を予測することが難しいので、保有する資産の通貨についても、3~4種類に分けて保有しておいた方が良いでしょう。日本居住者の方は、当然、日本円の資産が必要です。海外投資における主要通貨は米ドルもしくはユーロ建てのものが多くなっています。新興国の通貨は、中国人民元やインドルピーなどが有望ですが、国際通貨としての流動性は低いので、通貨ではなく、株式や債券を通して保有しておいた方が良いでしょう。資源国の通貨は、カナダドルやオーストラリアドルなら国際通貨としての流動性が高いので、保有しやすいと言えます。その他、通貨ではありませんが、金融危機の再発に備えて、金やプラチナなど貴金属資産を持つのも有効でしょう。

財産を三つに分けるほど財産がありません、という方も沢山いると思いますが、私も同じ状況ですので、心配は無用です。そのような方は、毎月の余裕資金の中から、3分の1を日本円で預金、3分の1を米ドル建ての積立投資や個人年金プランで運用、3分の1を資源国通貨の定期預金で運用して、ある程度、預金が溜まった段階で、カナダのランドバンキングなど不動産投資に挑戦してみても良いでしょう。

財産を三つに分ける方法として、必ず決まったルールがあるわけではないので、アドバイザーの意見を参考にしながら、ご自身のライフプランに適した資産構成にしておくと良いでしょう。


香港在住ファイナンシャルアドバイザー
木津 英隆
Email: hidetaka.kitsu@gmail.com

筆者ブログはこちら
香港FA木津英隆のマネーは巡る
http://blog.explore.ne.jp/kitsu/











(シンセンスクエア)

香港FA木津英隆のマネーは巡る

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ