シンセンスクエアトップ »
biz華南 » 産業
大鵬半島に5つ星ホテル建設!
投稿者: Webcrew_02 掲載日: 2009-6-23(3095ヒット)

大鵬半島は2011年のユニバーシアード水上競技会場の1つとして、5つ星リゾートホテルを建設することを深セン新聞網が伝えている。



龍崗政府からの情報によると、大鵬半島の開発は、大鵬半島の天然資源を利用し、ユニバーシアードに招致するホテルを建設するという。今現在、この5つ星ホテルの開発計画は既に深セン市政府の承認を受けている。

「大鵬半島保護と発展計画実施戦略」は2007年3月28日深セン市委、市政府の承認を受けたことで、大鵬半島の国際レベルでの海浜余暇レジャー地区として発展への目標と自然保護を基にして開発を行うというものをを明確にさせたため、大鵬半島の開発に大いに有効である。

深センのレジャーや、リゾートなどの必要拡大性及び交通機関の改善に従い、大鵬半島の開発の必要性も日増しに増えて来た。また、大鵬半島の開発に対し深セン市城市計画局は前後に三十項目ぐらいの計画を編制しているという。



大鵬半島は2011年のユニバーシアードの水上競技会場の1つとして、既に深セン市の山や、海や、運動、レジャーなどの特色を形成したが、これをきっかけとして龍崗区政府は深セン市城市計画局海辺支局に大鵬半島で5つ星ホテルの開発計画を発起するよう依頼した。
 
大鵬半島に建設する5つ星ホテルの用地総面積は7.5ヘクタールで、総建設規模は3.6万平方メートルとなっている。今現在、大鵬半島にある建物は多くないが、主な建物は海浜部のシャワーサービスと駐車場である。大鵬半島の全体的な品質、機能及び2011年の建設目標を守るため、全ての建設用地はホテル用地として民営に譲渡する形となっている。深セン市政府は道路補修、給水排水工事、電気配線工事、電信サービス、ガス供給などへ約0.5億元を投入し、ホテルの開発に積極的に取り組むという。


(シンセンスクエア)


産業

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ