シンセンスクエアトップ »
biz華南 » 経済
深センは医療費用の削減に12億元を投入
投稿者: Admin 掲載日: 2009-3-20(2705ヒット)

深セン市財政局は財政予算を中心として記者会見を行い、深セン市財政局副局長及びスポークスマンのtangshu氏は「経済の発展を円滑に行うため、政府の投資を大幅に増加し、産業への支持を強化すること。その他、国民生活に関心を持ちながら社会の安定を維持する」と示した。

2009年深セン市政府の公共事業への投資は596.6億元になり、2008年より約100%と上がった。そのうち基本的な建設事業への経費は177億元であり、去年の予算により47億元を上回った。

2009年深セン市政府は経済、産業の発展のための投資は90.8億元であり、2008年の予算より35.36億元の増加を行い60%となった。そのうち各貿易輸出産業への資金は7.8億元、去年の予算より7.2億元増加した。また金融、文化、物流及び民間中小企業への専攻資金は6.5億元となり、技術開発への資金は8.5億元で予算より3億元オーバーとなっている。更にハイテク産業への専攻投資資金は10億元であり3.5億元と上がった。

その他、イノベーション型人材への賞与は2億元、ハイテク技術産業及び新しい製品への経済援助は11.4億元、経済投融資への専攻資金は7億元である。市財政局は「各専攻資金の使用は、計画―>行動―>支給という実践的なサイクルをもって行われるべきであり、今年の上半期に一部分の資金を企業に支給出来るように努力する。」ことを示している。

2009年深セン市の財政予算は国民の各項事業を中心として公共サービスのレベルを高め、社会の安定を促進することを指標とする。特区内外の高等教育、専門教育及び民間教育の発展を維持するため、今年は教育へ43.5億元を支給し去年の予算より15.1%も増加させた。また、無料義務教育への補助金は2.3億元になっている。

その他、公共衛生、医療体制改革、医薬品費用低下などを更に進めるため、医療衛生へ12.6億元を支給し予算より12.5%増加した。また、社会保障体制に関わる建設を完全とするため、社会保障と就業補助として14.1億元を支給し予算より14.6%と増強させた。幼児医療保険を覆い、身体障害者の社会保険を強化し、再就業資金へ1.8億元を支給するという。

2009年深セン市は文化、教育、衛生、体育などの国民の生活に関わる社会事業の項目へ55億元の資金を支給すること。社会事業項目とは競技会場及び設備、濱海病院、第三人民病院の新築プロジェクト、高級技工学校の建設プロジェクト、僑香学校、住宅建設などが含まれている。

また、文化教育、衛生関連などの社会事業への投入は去年の26.3億元の更にその倍を増強した。一方安全運行項目への資金は18億元であり、主な項目は糧食倉庫、保険制度や反テロ及び安全保障設備、消防設備などとなっている。

2009年、深セン市政府は鉄道交通、海空港などの都市のインフラ項目を中心として投資計画を行っているとtangshu氏が話した。このような項目への資金は202億元を計画しており、主な項目は地下鉄、広深沿江高速道路などである。その他、特区内外の市政府道路網の体系項目へ98億元の資金を投入するよう計画され、その項目としては南坪高速道路二期、丹平高速道路一期、福永埠頭~公明北環路、深惠道路の改造、松白道路といった交通路の改造などである。市民の足への影響による補償額は20億元を計画している。

また、深セン市の経済発展を促進するため、ハイテク技術産業への投資建設資金は64億元を計画しており、ハイテク技術促進のための重大項目として、南方科技大学建設などがあげられる。

中小企業の融資問題を解決するためには、信用保証体系を更に完全化させ、こうした体系を問題解決の窓口として促進させるという。それに対して市政府は30億元の資金を支給するように計画しており、前期は10億元を投資し企業の創業を手助けする創業投資案内基金を建設することとなっている。

(シンセンスクエア)

経済

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ