シンセンスクエアトップ »
住宅・賃貸 » 深圳不動産情報便
福田区の発展状況
投稿者: Webcrew_01 掲載日: 2010-4-21(11129ヒット)

セントラル不動産の杉野でございます。

新年度に入り多くの日本人の方々が深センにお越しになられています。
現在の日本とは異なり、若年人口の多さ、高級車の大渋滞や大型ショッピングモールなど沢山あり、当初のイメージと違う深センをお感じになられていると思います。

☆まだまだ強い賃貸市況☆

<<住宅市況>>

人気地区である南山区では海岸城、蛇口地区ではウォールマートの周辺は最近特に人気があり賃料も上昇中、空室がとても少ない状況です。

この地区では家族向けの間取りが多く2LDK以下のお部屋が特に少ないのも特徴です(中国ではマンション開発時お部屋の間取りについても規制があります)

ご視察の際には、手付け金などを事前に準備をされてご視察頂いた方がオーナーと交渉が容易となります。

<<オフィス市況>>

やはり人気は福田区、南山区へ集中しています。
特に会展中心、海岸城周辺は非常に高い稼働率になっています。

<<商業施設市況>>

最近、倉庫のお問合せが増えていますが、空状況、お家賃、登記の問題で空物件の調査に時間が掛かっております。

有名商業施設の店舗、路面店などでは、完全に待ちの状態です。

上手い話には後で、非常に高額な暖簾代を請求されるケースがありますのでご注意して下さい。

政府からも不動産の急騰による様々な抑制政策が出ております。

いずれ落ち着くとは思いますが、まだまだ熱い深セン不動産市場です。

深セン不動産の現状その8としまして今回は"深センのCBD 福田区"についてお話させて頂きます。

ここに一枚の写真があります。
さてここはどこでしょうか?



約25年前くらいの写真とのことですが、、、?そうココは以前の福田区の写真です。

ちなみに今は、、、



皆さんがご存知の福田中心区です。

日本ではバブル崩壊以降失われた○○年、、、
と言っていましたがお隣の中国では凄まじい勢いで経済成長が進んでいました。

今後の福田区の事業計画では
  • 2012年新幹線開通 香港と僅か25分程度 終点は北京まで

  • 新路線の地下鉄を現在2路線工事中 将来は深センでは11路線!?

  • 金融中心ビル(439m、98階)を市庁舎の横に建築中

  • さらにCOCOパーク横には平安生命ビル115階を施工開始!

  • などなど香港の返還で今後益々中国の国際化のシンボル都市として急速に発展しています。

    以前の生産拠点から一大商業圏へと変貌していく深センに益々目が離せませんね!

    ☆セントラル不動産ニュース☆
    福田区に750㎡のショールームをオープンさせて頂きました。
    オフィス家具、レイアウトも実物をご覧頂きながらご検討が可能となりました。

    福田ショールーム



    オフィス内装はもちろん、工場の施工やオフィス家具の製造販売も行っております。



    さらに内装施工は2年、家具類は5年の長期安心保証

    中国現地価格で日本品質の施工をご提供する総合不動産企業として頑張って参ります。
    皆さまのご来店を心よりお待ち申しあげております。


    セントラル不動産 杉野 哲朗
     TEL +86-755-8351-4121
     E-mail info@central-sz.com

     
    プロフィール:
    中華人民共和国(社)中日経済文化交流促進機構 主幹
    深セン市セントラル不動産 総経理
    ファイナンシャルプランナー
    出身地 広島市




    (シンセンスクエア)


    深圳不動産情報便

    過去の関連記事
    過去関連記事なし

    株式会社ウェブクルーチャイナ

    運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ