シンセンスクエアトップ »
住宅・賃貸 » 深圳不動産情報便
深セン住宅のメンテナンス
投稿者: Webcrew_01 掲載日: 2010-3-18(10640ヒット)

セントラル不動産の杉野でございます。春の引越しシーズン真っ只中! 
深セン経済の拡大が続き例年以上に空物件が少なくなっています。

統計では、深センだけで毎日約130社程度(土日も含め)が新規開業している模様です。
当然開業と同時に多くの社員も増員となるので、更に空物件が無くなるという状況が続いています。

☆非常に強い賃貸市況☆
<<<住宅市況>>>
春の新入学シーズンを迎え、住宅地では南山区では海岸城、蛇口地区ではウォールマートの周辺は特に人気があり賃料も上昇中、空室がとても少ない状況です。

良い物件は1日で何人ものお客様(日本人、香港人、欧米人)がご視察になっており、既に空室待ちの物件も出ております。

この時期のご視察は、手付け金や社内調整など事前に準備をされてご視察頂いた方がオーナーと交渉が容易となります。
また、4月以降のお引越しでも良い方は出来るだけこの時期は避けた方がお得です。



<<<オフィス市況>>>
やはり人気は福田区、南山区へ集中しています。特に会展中心、海岸城周辺は非常に高い稼働率になっています。しかし羅湖区は住宅、オフィスとも余り値上がりしていないので割安感が出ており穴場となっています。

深セン不動産の現状 その7 としまして今回は"深セン住宅のメンテナンス"についてお話させて頂きます。

これからのシーズン特に注意して頂きたいのは湿気対策です。深センでは、日本では想像が出来ないくらい湿度が高い日が続きます。最近は特にひどい日が続いており、マンションのロビーや廊下はもちろん、室内においても結露で水浸しになっているところが増えています。

弊社でも"どこかで雨漏れしている?"とお電話をいただくお客様がいらっしゃいます。更にこれからはスコールのシーズンに入りますので、万全の湿気対策が必要ですね!

★湿気対策ポイント1
日本と異なり外気を入れると益々湿度が高くなる場合がありますので換気には注意が必要です(快晴の日以外は窓を開けない)
浴室などでは換気扇をうまくご利用ください。

★ポイント2
除湿機でも良いのですがまだ性能不足のタイプが多いのが実情です。
一番の対策としてエアコンのドライ機能で3-6時間室内の除湿を行うのがベストな対策です。

★ポイント3
収納棚には必ず除湿材を入れて置きます(スーパーなどで普通に購入可能)

★ポイント4
結露した場所は直ぐに乾拭き!
放置しておくと黒かびだらけになります。

★ポイント5
黒かびが発生した場合は、、、諦める??
こちら白い壁は石膏で固めただけの壁ですので、一般の人が掃除してしまうと剥げ落ちてくる可能性がありますのでご注意を!

★ポイント6
こちらのオーナーは、黒かびの発生は当たり前と感じています。
極端な場合を除き、多少の黒カビは放置しても退去時に大きなクレームになるのは少ないと思われます(あくまでオーナー次第ですが)

★ポイント7
日本人が好むフローリングの床は少し注意が必要です。
木材の為どうしても湿度に弱く、最悪の場合大きく歪んでしまします。
この場合はオーナーとトラブルになるケースがありますので、管理には特に注意してください。

この時期、やっぱり嫌な黒カビ!
対策には早めにエアコンの力をかりましょう♪

☆セントラル不動産ニュース☆
福田区に750㎡のショールームをオープンさせて頂きました。
オフィス家具、レイアウトも実物をご覧頂きながらご検討が可能となりました。

福田ショールーム
http://www.central-sz.com/newsinfo.asp?id=198

オフィス内装はもちろん、工場の施工やオフィス家具の製造販売も行っております。
(施工は2年、家具は5年の安心保証)

中国現地価格で日本品質の施工をご提供する総合不動産企業として頑張って参ります。
皆さまのご来店を心よりお待ち申しあげております。


セントラル不動産 杉野 哲朗
 TEL +86-755-8351-4121
 E-mail info@central-sz.com

 
プロフィール:
中華人民共和国(社)中日経済文化交流促進機構 主幹
深セン市セントラル不動産 総経理
ファイナンシャルプランナー
出身地 広島市




(シンセンスクエア)


深圳不動産情報便

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ