シンセンスクエアトップ »
エンタメ » タウン情報
[魚則]魚涌-3]★鯉と採石場の街でした
投稿者: Webcrew_01 掲載日: 2009-6-19(4000ヒット)

今回は?魚涌(Quarry Bay)について書きましょう。私の記憶が定かではないのですが、“?”という漢字は香港政府が指定した“香港增補字符集”の中にある文字です。コンピューターで表記するには特別なソフトを必要とする “広東語用の特別な漢字”はずです。

編集者時代、別なソフトを立ち上げて書いていた記憶がある編集者泣かせの漢字でした。 冒頭からの余談はさておき、この土地の中国語の名前は、漢字にあるようにコイ、フナ系の魚が泳ぐ渓流がこのあたりを流れていたところから来ています。渓流は暗きょ工事がされたので、現在は見ることはできません。英語地名の由来は、その昔、採石場がこの周辺にあったということでQuarry Bayという名前がつきました。採掘された石は道路の建設などに使われました。

日本占領時代「豊国通」という名前だった英皇道(King’s Road)は1930年代の埋め立てで大きく拡張され1935年に完成しました。それに伴い、トラムの路線も敷設されています。埋め立てでいえば、香港政庁はオリジナルの海岸線から北へ700メートルも埋め立てているので、太古城の住宅地は、基本的に昔は海だったわけです。

さて今、?魚涌について思いつくとしたら、90年代から本格的に開発が始まった新しいビジネス街ではないでしょうか? 太古坊(Taikoo Place)と名前の付いたオフィス用高層ビル群がずらっと10棟建っています。ここには超がつく一流企業がテナントとして300社強、3万人が働いています。
企業名を挙げてみましょう。
LVMH、Dairy Farm、Loewe、JNTO、IBM、ワコール、RBS、レノボ、Sony BMG、ドバイ政府(観光と商業関連)、破産管理署、ハイネケン、JPモルガン、ティファニー、タイムワーナー、ロイドTSB、ABNアムロ、富士通、SCMP、バンク・オブ・アメリカ、BPなどなど。

さながら中環(Central)のような感じですね。(武田信晃著)


※The香港 掲載記事はこちら

タウン情報

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ