シンセンスクエアトップ »
エンタメ » タウン情報
[魚則]魚涌-2]★Swireという会社とは?
投稿者: Webcrew_01 掲載日: 2009-6-19(3920ヒット)

太古集団(Swire Group)の事業内容や傘下企業を見ると、ここの社長か筆頭株主になりたくなります。キャセイパシフィック&ドラゴン航空、Swireコカコーラ、太古城中心(Cityplaza)、太古広場(Pacific Place)、又一城(Festival Wall)、東薈城(Citygate)、マンダリン・オリエンタル・マイアミ、海運、砂糖製造などコングロマリットの典型的な会社です。

1816年、リバプールで創業した同社は、同61年に中国に進出。その6年後には横浜にも支店を出します。香港は横浜より3年遅れて1870年に支店ができます。

この会社が大きく成長した理由は、砂糖製造と造船にあります。Swireは単なる荒地だったこの場所に1884年に砂糖工場(1週間で2000トンの生産能力)を、1907年には造船所を完成させました。当時は香港最大の工場地域でした。この太古/Taikooブランドの砂糖はいまでも、地元スーパーで見かけますし、カナダ、シンガポールなどでも売られています。

1970年代、Swireはここを現在の住宅地に変えるという決断を下し、1972年に太古地産(Swire Properties)を設立して、一気に開発を進めます。その際、李嘉誠(リ・カーシン)と組んで青衣(Tsing Yi)に新しい造船所を作り、砂糖工場は、中国などで移転生産しています。

Swireはキャセイパシフィック航空を設立したのではなく、香港Swireの前身Butterfield & Swire(B&S)社がキャセイ株45%を1948年に取得したことにより傘下に収めました。

さらには香港、台湾、広東のコカコーラ・ボトラーで、アメリカのユタ、アイダホ、カリフォルニアでもコカコーラの製造をしています。世界最大級の食品会社ネスレとも組んでいます。筆者は沙田(Shatin)にあるSwireコカコーラのオフィス&工場に取材に行ったとき(その隣には日本人が経営している永得利(Ever Gain)のビルがある)、あまりにも整然としていてびっくりしてことを覚えています。(武田信晃著)


※The香港 掲載記事はこちら

タウン情報

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ