シンセンスクエアトップ »
エンタメ » アート・デザイン
日本の巨匠福田繁雄ポスター展
投稿者: Admin 掲載日: 2006-11-2(7011ヒット)

東京国立近代美術館運営委員であり、日本を代表するグラフィックデザイナーである福田繁雄氏のポスター展が先月より深セン関山月美術館にて開かれている。単純化された形態とトリックアートを融合させたデザインは「日本のエッシャー」とも称され、その発想力、デザイン性とも評価が高い。

1932年東京に生まれ、1956年に東京芸術大学美術学部デザイン科を卒業した同氏は味の素株式会社広告部制作室へ入社、その後数々の賞を受賞する。

1966第12回毎日産業デザイン賞
1967日本万国博覧会公式ポスター制作
1969「近代デザインの展望展」(京都国立近代美術館)
1970「新しいフラフィックとポスター展」(ニューヨーク近代美術館)
1972ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞
「第8回東京国際版画ビエンナーレ展」(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館)
1975ワルシャワ戦勝30周年記念国際ポスターコンクールグランプリ「VICTORY」
モントリオール・オリンピック大会記念銀貨デザイン・コンペ最高賞
1976芸術選奨文部大臣新人賞
1977東京芸術大学講師
1979コロラド国際招待ポスタービエンナーレ銀賞
1980ブルーノ国際グラフィックデザインビエンナーレ銀賞
1981東京芸術大学美術学部デザイン科助教授
1982エール大学アートスクール大学院客員教授
1983ラハチ国際ポスタービエンナーレ銀賞
1984第1回ニーム国際ポスタービエンナーレ優秀賞「LOOK1」
1985モスクワ国際ポスタービエンナーレ第1位
ユネスコ国際ポスター展グランプリ・サビニャック賞「LOOK1」
1986毎日芸術賞
1987ニューヨークADC名誉の殿堂賞
1989コロラド国際招待ポスター・ビエンナーレ銀賞
1990「グラフィックデザインの今日」(東京国立近代美術館)
1992環境と自然保護国際ポスターコンクールグランプリ、トルナバ国際ポスタートリエンナーレ市長賞「Rio'92」
1993トルナバ国際ポスタートリエンナーレ市長賞「I'm here」
「グラスゴー世界デザイン会議」デザインルネッサンス公式ポスター制作(英国)
「デザインの1世紀展」ポスター制作(フランス)
1994「AGI:暴力反対ポスター展」招待出品(米国)
「アース・デイ・ニューヨーク:アース・デイ25周年記念展」
1995JAGDA平和と環境のポスター大賞「HYROSHIMA NAGASAKI-50」
「ICOGRADA国際グラフィックデザイン展」公式ポスター制作(フランス)

名作として不可能が可能になるように見える写真「消滅する柱」が有名。この作品は三次元化が不可能と言われていた「三又の矛」を物理モデル的に三次元化した作品として知られている。その他、立体、アートオブジェなどの多数の作品がある。
1997年には紫綬褒章を受章、福田氏は現在日本グラフィックデザイナー協会会長、東京芸術大学美術館評議委員などの他、中国清華大学美術デザインの学術顧問であり、中国西北工業、四川大学の客員教授を兼任。中国との関わりも深い。
今回展覧会は70以上にも及ぶ同氏のポスター作品を中心に展示されている。日本でも貴重な同氏の展覧会に足を運んではいかがでしょう?






<福田繁雄ポスター展>
日時 : 11月8日(星期三)まで
     AM9:00~PM5:00
場所 : 関山月美術館(Guan Shanyue Art)
住所 : 福田区紅茘路6026号
入場料: 10元(星期五は無料)
交通 : バス 10,14,25,34,105,215,228,111,322,238,350,371
地下鉄 少年宮 下車、出口B


(シンセンスクエア)

アート・デザイン

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ