シンセンスクエアトップ »
エンタメ » 書籍
マカオ ノスタルジック紀行
投稿者: Admin 掲載日: 2007-7-24(4390ヒット)

タイトルは「紀行」、目次は「ガイドブック」風。
でも読み始めるとこれは「ラブレター」。

この本の著者がかつてその毎日に疲れ、現実逃避に出た旅で出会ったマカオ。そこで元気を貰い、いつの間にか虜になったその土地への思いをつづったのがこの本、とはあとがきから。「紀行」は辞書によると、「旅行中の出来事・見聞・感想などを記したもの」。ここに書かれているのはそんな淡泊なものではなく、自分が元気を貰い、大好きになった土地を一人でも多くの人に知って貰いたい、紹介したい、ステキな場所と分かって欲しい、そんな暖かさ、熱さが感じられる「ラブレター」。しかも気持ちが先走ってということはなく、よくここまで取材したと感心する深い内容が盛り込まれている。そして写真、これまたラブレターをサポートする暖かさ、ぬくもりのあるものばかり。これもページをめくっていてうれしい。

香港在住が長い私は、今までにかなりの回数出掛けている。マカオは空が広い、建物が低いので落ち着ける、少しの移動で街の様子がコロッと変わるおもしろさがある、ポルトガル風が建物にきちんと残っていてエキゾチック等が今までの印象。新しく出来たホテル、高いタワーも面白そうと思う。それでもギャンブル以外に楽しむ場所はごく僅かしかないのがマカオだと思っていた。

でもこの本を読んで、「私はここで元気になりました。ステキですよ。こんなところがあり、こんなお店もありますよ」と、一つ一つの場所やものに対する著者の思いや主張を知ると、私もここに行ってみたい、この店で食べてみたい、マカオって面白そうと思うようになったのです。モノクロのシーンがカラーになった、そんな感じか。次回は是非この本を持って回ってみたい。

前置きが長くなりましたが、構成は以下の通り。全127ページ。

第1章 ミックスカルチャー マカオは摩訶不思議
第2章 グルメパラダイス・マカオへようこそ
第3章 マカオのヒューマン&カルチャーに迫る
第4章 モダンマカオで隠れ家
第5章 ショートトリップ&アナザーストーリー in マカオ

今、香港の人達にとって、マカオはホットである。ラスベガスのカジノの進出、世界遺産の指定がブームの要因。日本でもそれは同様のはず。まもなくの関空からマカオへの直行便の就航は日本でのマカオへの関心を更に高めるだろう。タイミングのよい出版だと思う。そしてかなりの方がギャンブルの場としてのマカオを紹介した最新出版のガイドブックと思ってこの本を手に取るのではないかと思う。でもその方達がマカオへのラブレターのこの本で、ギャンブル以外でも楽しめることの多い、ステキな場所であるマカオを知っていただけたらと思いました。

単なるガイドブックではないという著者の心意気を感じながらも、マカオの心を書いたとても優秀なガイドブックと断言したい。 (関俊也著)

記事&プレゼント提供

書籍プレゼントの応募は2007年8月4日をもって終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【書籍プレゼント!】
「マカオ ノスタルジック紀行」を抽選で1名様にプレゼントさせて頂きます。読んでみたいと思われる方はどしどしご応募下さい!〆切は8月4日(土)です。

【応募方法】
Eメールでご応募下さい。件名に必ず「書籍プレゼント」とお書き頂き、お名前、ご住所、年齢をお書き添えの上szsquare@gmail.comまでお送り下さい。当選されました方々にはシンセンスクエアのウェブサイト、「当選メール」にてお知らせさせて頂きます。


書籍

過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ