シンセンスクエアトップ » 通信・インフラ
新浪網とグーグル、業務提携
投稿者: Admin 掲載日: 2007-6-13(3315ヒット)

中国のトップポータルサイト「新浪網」とグーグル社は世界で2番目に大きいオンライン共同体として、ニュース、広告、および検索サービスにおいて協力する意向を6月11日に明らかにしたと深セン日報が伝えている。

両社によると、パートナーシップを結ぶことで、まずグーグルのユーザーが新浪ニュースコンテンツへより簡単にアクセスできるようになると話したが、協定に関する金銭的な締結内容は明らかにしなかった。

会社のプレスリリースによると、グーグルのウェブ検索サービスは新浪網の検索ボックス内に埋め込まれ、ユーザーが簡単にオンラインコンテンツとウェブページ検索との間で切替利用できるようになる。

また、広告協力の分野では、新浪網側としては、同社の広告主にとって巨大なトラフィックのてこ入れとなり、またグーグルで証明されたオンライン広告システムと、培われた経験が広告主のブランド価値を最大にまで高めるだろうと示した。

グーグル中国の社長であるLee Kaifu氏は「将来的に私たちは広告や検索および他の分野でも協力していくことができる。」とレポーターに語った。

新浪網のCEOであるCharles Chao氏は「二つの精力的なインターネットサイトが互いにパートナーシップを結ぶことで、より包括的な経験に基づいたサービスを中国のインターネットユーザーへ供給することが可能になる。」と語った。

両社はどのように協力が進められるかについて、まだ細部を詰めている段階であると話している。

グーグルとヤフーは中国において既に進出しているが、アナリストは捜狐百度阿里巴巴などの国内検索サーチエンジンらが文化的背景と中国ネット産業の先駆者としての有利性を持って明らかに先行していると話している。


(シンセンスクエア)

おすすめ特集
過去の関連記事
過去関連記事なし

株式会社ウェブクルーチャイナ

運営会社利用規約プライバシーポリシーご利用環境広告掲載募集リンクについてよくある質問厳選リンクサイトマップ